配送・送料について

白茶 | Hanae
白茶 | Hanae
白茶 | Hanae
白茶 | Hanae
白茶 | Hanae
白茶 | Hanae
白茶 | Hanae

白茶 | Hanae

通常価格
¥1,900
セール価格
¥1,900
チェックアウト時に計算された送料
数量は1以上でなければなりません

白茶|Hanae
箱、商品説明、淹れ方カード同封

 

繊細で華やかな白茶、華恵|Hanae...
水色は淡く、綺麗な薄黄色。

 

柑橘系の香りと滑らかな喉越しとほんのりとした甘みが口いっぱいに広がります。

 

1日を通してお飲み頂けますが、白湯を頂くような感覚でリラックスしたいときにおすすめです。

 

水出しにもおすすめのお茶です。

 

・原材料名 : 白茶
・原産地名 : 中国 / 雲南省臨滄
・内 容 量 : 30g
・消費期限 : 2030年7月
・保存方法 : 高温多湿を避けて保存してください。

 

[ Hanaeの淹れ方(1~4人分)]

1. 急須に茶葉4gほどを入れます。
2. 急須に熱湯100~120ml前後を注ぎます。
3. 5~10秒後に湯呑みもしくは、ピッチャーにお茶を注ぎ切ります。
4. 同じ方法で10煎目以降も美味しく淹れることができます。

 

以上を目安にお好みで、茶葉、湯量、浸出時間を調整して下さい。

 

 

 

[ 水出しの作り方 ]

適量の茶葉と水を冷蔵庫で保存することで簡単にマスカットのような華やかでフルーティな水出しをお作り頂けます。

お湯で淹れる場合とは異なる白茶の魅力をぜひお楽しみください。

【 茶葉の量 】

・水1Lの場合、約3g
・水2Lの場合、約6g

【 時間 】

・冷蔵庫にて約6時間冷蔵
※茶葉を取り出した後、もう一度水出しを作る ことができます。

【 使用する水について 】

・浄水器に通した水、またはミネラルウォーター ※なるべく冷たくした水をご利用ください。

 

 

華やかな柑橘類の香りと滑らかな喉越しの白茶

白茶 / HANAEは標高2000-2100mの高い標高に位置する自然栽培茶園の樹齢100歳ほどの茶樹から作られた雲南省臨滄産の白茶です。

 

白茶とは >

 

本商品、白茶 / HANAE は、口の中に広がる華やかな柑橘系のフルーティな香りと自然な甘み、そして喉の奥に吸い込まれるコクが特徴です。

 

苦みや渋みがほとんどない自然栽培茶ならではの透明感のあるIDLE MOMENTこだわりの白茶をお楽しみください。

 

白茶HANAEとUZUTSU

IDLE MOMENTにて取り扱っている白茶は、この HANAEの他に、UZUTSU /夕星があります。 HANAEは、散茶の状態で仕上げているのに対し、UZUTSU /夕星は餅茶に仕上げています。

 

普洱古樹白茶 / UZUTSUはこちら >

 

HANAEは、より爽やでフーティな香りを高めているのに対し、UZUTSU /夕星はより蜜の香りと深い余韻を追求しています。

 

どちらも雲南省産の白茶でありながら、非常に異なった特徴を持ったお茶になっており、飲み比べをして頂くことでその違いを感じて頂けます。

 

高い品質の茶樹が集まる雲南省臨滄

白茶 / HANAEは、雲南省臨滄市にある"野放茶園”と呼ばれる茶園にて作られています。

 

中国、雲南省のお茶についてはこちらの記事もご確認ください。

 

雲南省産のお茶について >

 

野放茶園とは、全く人の手が加えられていない状態の茶園のことで、あたりは雑草に覆われており、肥料や農薬はおろか、茶樹は自然のままに放置された状態となっています。

 

雲南省臨滄市の中心部から離れ、2000メートル級の山々が連なる地へ足を踏み入れると、そこには人の手が極限までかかることのない、昔ながらの自然栽培によって育つ樹齢の高い老木をたくさん見つけることができます。

 

 

まさに植物が育つ”理想の環境”と言えるこの場所で、他の植物と共存しながら、厳しい環境の中ゆっくりと時間をかけて成長したお茶は、ミネラルやポリフェノールが沢山含まれ、透き通った透明感と、長い余韻をもたしてくれます。

白茶 / HANAEは、そんな野放茶園の中でも、標高2000m以上の茶園の中でも樹齢100歳以上の茶樹から採れた茶葉を原料としており、喉の奥に吸い込まれるような強いコクが感じていただけるお茶に仕上がっています。

 

さらに、白茶の重要な製造工程である萎凋を3日をかけて行うことで、非常に華やかな香りを引き出しています。

白茶とは

 

白茶とは製造工程が萎凋と乾燥のみのシンプルな製造工程の中で作られたお茶でのことで、六大茶類の中で、唯一白茶だけ揉捻(茶を揉み込む作業)を行いません。

 

この揉捻工程がないため、摘み取った後の自然な葉の形を残しているものが多く、茶葉に生えている産毛が残り白く見えることから白茶と呼ばれるようになりました。

 

萎凋工程で、茶葉の酵素をゆっくり発酵(酸化)させることで、花のような華やかな香りが作り上げられます。

 

水色は他のお茶より淡く、薄い黄色をしており、自然な甘い香りと、口の中に広がるほんのりとした甘みが特徴です。 苦みや渋みがほとんどないことから、日本茶が苦手な方に好まれる傾向にあります。

 

白茶の製造は非常にシンプルな製造工程なだけに、各工程の質、製造者の技術がお茶の品質に大きな影響を与えることになります。

 

そんな白茶の中でも、白茶 / HANAEは、華やかな香りと長い余韻を追求したお茶となっています。

 

寝かせることで更に香り強ま白茶の熟成について

品質の高い白茶は熟成を大いに楽しむことができるお茶の1つです。

 

ポリフェノールが多いお茶は、熟成に向いており、特に白茶の場合、無酸素で熟成させる、香りがより強くなる性質があり、新茶にはない味わいを楽しむことができます。

 

IDLE MOMENTのお茶は、脱酸素剤を使用し無酸素の状態でお届けしておりますが、そのまま開封せずにそのまま保存して頂くことで、徐々に熟成が進み、甘い蜜の香りや華やかな花やマスカット系のフルーティな香りが高まります。

 

また、熟成は、保管する場所の室温と湿度が高いほど熟成するスピードが早まる傾向にあります。

 

年数を重ねるごとに変化する熟成茶としても、白茶 / HANAEをお楽しみください。